KUAC Blog

慶應義塾大学アート・センターのお知らせや、活動のレポートをお届けします


芸術創造資源のための対話型アーカイヴ構築推進プログラム キックオフ・シンポジウム 「対話型アーカイヴの可能性」

慶應義塾大学アート・センターは2009年度、文部科学省の委託により、芸術創造資源の顕在化と共有化を計るプログラム、「芸術創造資源のための対話型アーカイヴ構築推進プログラム」を開始しました。このプログラムのこけら落としとして、10月にシンポジウムを開催します。


シンポジウムでは、高山正也(国立公文書館 館長)、金澤正剛(国際音楽資料情報協会 日本支部長)、村井純(慶應義塾大学環境情報学部 教授)の3名による講演に加え、様々な領域の専門家がセッションを行い、他者との「対話」を通じた意味づけや理解によりあらたな価値を生成する、対話型アーカイヴとその地平を探究します。


平成21年度 文部科学省 人文学及び社会科学における共同研究拠点の整備の推進事業
芸術創造資源のための対話型アーカイヴ構築推進プログラム キックオフ・シンポジウム


「対話型アーカイヴの可能性」


2009年10月3日(土) 13:30~17:30
慶應義塾大学三田キャンパス 東館6F G-sec. Lab 入場無料・事前申し込み不要


プログラム


13:30–
ごあいさつ
長谷山 彰(慶應義塾 常任理事)
美山 良夫(慶應義塾大学アート・センター 所長/プログラム責任者)
講演
高山 正也(国立公文書館 館長)
金澤 正剛(国際音楽資料情報協会 日本支部長)
村井 純(慶應義塾大学 環境情報学部 教授)
15:00–
芸術創造資源活用へむけてのパスポート

芸術創造資源の活用に向けて、異なる資源、多様なアプローチが出会い、対話する「場」作りを目指した、遠い船旅のためのパスポートの数々。アート・センターを中心にした、さまざまな個性がぶつかりあう様子をお楽しみ下さい。
17:00–
前田 富士男(慶應義塾大学 名誉教授) 「生活世界とアーカイヴと想像力」

主催


慶應義塾大学アート・センター 芸術創造資源のための対話型アーカイヴ構築推進プログラム


お問い合わせ


慶應義塾大学アート・センター 芸術創造資源のための対話型アーカイヴ構築推進プログラム
TEL 03-5427-1621 FAX 03-5427-1620 〒108-8345 東京都港区三田2-15-45

Facebook

    慶應義塾大学アート・センター

    108-8345 東京都港区三田2-15-45
    t. 03-5427-1621 f. 03-5427-1620
    http://www.art-c.keio.ac.jp/
    平日 9:00-17:00

    Keio University Art Center

    2-15-45, Mita, Minato-ku, Tokyo, 108-8345, Japan
    t. +81-(0)3-5427-1621 f. +81-(0)3-5427-1620
    http://www.art-c.keio.ac.jp/
    9:00-17:00 weekdays