KUAC Blog

慶應義塾大学アート・センターのお知らせや、活動のレポートをお届けします


【展覧会報告】モノがたる文学部 資料にみる人文学研究/師弟の言葉 西脇順三郎と井筒俊彦

【日 時】2015年12月2日(水)- 12月18日(金)

第一会場 慶應義塾図書館展示室

「モノがたる文学部 資料にみる人文学研究」

第二会場 慶應義塾大学アート・スペース

「師弟の言葉 西脇順三郎と井筒俊彦」

【展覧会HP】http://www.art-c.keio.ac.jp/news-events/event-archive/bungaku-125/

 

第一会場では、創設されてから125年の時を経た文学部に現在属している5学系17専攻がそれぞれ所持している貴重な資料が一堂に会する稀有な機会となりました。これらの資料によって文学部が包含する、多彩かつ広範な学問分野が明示されているだけでなく、国宝の秋草文壺をはじめ、グーテンベルク聖書や源氏物語、また心理学の実験に用いられたオペラント箱など、重要な資料が展示されるということそれ自体も非常に有益でした。第一会場には多くの来場者の方にご来場いただきました。

第二会場では西脇順三郎と井筒俊彦という、記念事業において設立された研究奨励賞の名前にもなった、文学部が誇る二大巨星の業績を振り返る展示を行いました。アート・センターに所蔵されている、師弟関係にあったこの二人の草稿を中心に据え、彼らの思索とことばの世界を来場者の方に体験してもらうことを目指しました。展示の終わりに設けられた小さな読書スペースで、西脇と井筒の全集を熱心に読む来場者の方の姿が印象的でした。  (新倉)

Facebook

    慶應義塾大学アート・センター

    108-8345 東京都港区三田2-15-45
    t. 03-5427-1621 f. 03-5427-1620
    http://www.art-c.keio.ac.jp/
    平日 9:00-17:00

    Keio University Art Center

    2-15-45, Mita, Minato-ku, Tokyo, 108-8345, Japan
    t. +81-(0)3-5427-1621 f. +81-(0)3-5427-1620
    http://www.art-c.keio.ac.jp/
    9:00-17:00 weekdays