KUAC Blog

慶應義塾大学アート・センターのお知らせや、活動のレポートをお届けします


【催事報告】土方巽/アーカイヴ

【催事名 / Title】
公開討議:土方巽/アーカイヴ
Open Forum: Tatsumi HIJIKATA / ARCHIVE

【発言者 / Guest Speakers】
池宮中夫、石井真理子、木部与巴仁、吉増剛造
Nakao IKEMIYA, Y.Kibe. Mariko ISHII, Gozo YOSHIMASU

【開催概要】
日時:2019年1月21日(月)午後6時半〜午後9時
会場:慶應義塾大学三田キャンパス東館5階会議室
主催: 慶應義塾大学アート・センター
企画:慶應義塾大学アート・センター土方巽アーカイヴ
協力:土方巽アスベスト館、20世紀舞踊研究会

【当日配布資料】
こちらからダウンロードいただけます。

【催事報告】
土方巽の命日1月21日には、これまで8年にわたって「土方巽を語ること」を実施してきました。本年は、この恒例のイベントをとりやめ、アーカイヴをめぐっての公開討議を開催しました。
近年、土方巽と舞踏への問いかけが、新たな関連資料の発見や提供とともに続いています。アーカイヴの使命は、何といっても資料の収集と公開の連続にあります。資料の収集と整理、データの作成、資料の提供といった地道な活動がアーカイヴ活動の基盤です。
とはいえ、その基本的な活動でさえ現実に行うのはむずかしくなっています。いや、これまでも、このアーカイヴ活動が十分になされてきたとはいえませんし、今後もむずかしい事態や局面に対するのは必定です。
今回の公開討議では、近年、アート・センターで整理している諸資料体(コレクション)を紹介しつつ、それらがアーカイヴとして成立するのかどうか、どのようなアーカイヴがありうるのか、さらに、そのための現実的で具体的な条件を問いかけました。
アーカイヴをめぐっての討議という専門的なカンファレンスであったため、参加者は限られると見ていましたが、思いのほか、60名を超える多くの方に参加していただくことになりました。
石井満隆コレクションからは石井真理子さん、池宮信夫コレクションからは池宮中夫さん、副島輝人コレクションからは吉増剛造さんに発言していただきました。そして、これからコレクションの構築をめざす長尾一雄資料からは木部与仁さんに発言していただきました。さらに、池宮信夫資料をベースにしている20世紀舞踊研究会からも発表していただきました。
会場からも多くの発言が行われ、さらにユーストリームによるライブ放送を実施していましたので、外部からもいろんなメッセージが次々と寄せられ、意見、提言、批判をいただき、熱気のある公開討議となりました。
あらためてアーカイヴの意義を見出だし、アーカイヴの展望を切り開くための課題を明らかにすることとなりました。
2018年はアート・センターでの、アーカイヴ(土方巽アーカイヴ)設置20周年でした。20年前の20世紀の終わり頃は、まだ「アーカイヴ」という用語さえ聞き慣れない時代でしたが、アート・センターは「ジェネティック・アーカイヴ・エンジン」として、アート・アーカイヴの構想を定め、土方巽アーカイヴを発足させました。アート・アーカイヴのパイオニアといっていいでしょう。
アート・センターとしても、今回の討議を踏まえ、さらにアーカイヴ活動を進展させるたに、新たな取組をも検討しつつ、成果を上げたいと考えています。

Facebook

    慶應義塾大学アート・センター

    108-8345 東京都港区三田2-15-45
    t. 03-5427-1621 f. 03-5427-1620
    http://www.art-c.keio.ac.jp/
    平日 9:00-17:00

    Keio University Art Center

    2-15-45, Mita, Minato-ku, Tokyo, 108-8345, Japan
    t. +81-(0)3-5427-1621 f. +81-(0)3-5427-1620
    http://www.art-c.keio.ac.jp/
    9:00-17:00 weekdays