KUAC Blog

慶應義塾大学アート・センターのお知らせや、活動のレポートをお届けします


アート・アーカイヴ資料展XI「タケミヤからの招待状—TAKEMIYA INVITATIONS」

日時 Date and Time
2014年3月3日(月)-3月28日(金) 11:00- 18:00
場所 Place
慶應義塾大学アート・スペース
対象 Open for
どなたでもご参加いただけます
参加費 Fee
無料
お申込方法 Booking
事前申し込み不要
お問い合わせ Contact
慶應義塾大学アート・センター
Tel 03-5427-1621  Fax 03-5427-1620
Mail ac-tenji@adst.keio.ac.jp
主催など Organiser
慶應義塾大学アート・センター

http://www.art-c.keio.ac.jp/news-events/event-archive/takemiya-invitations/

慶應義塾大学アート・センターが所蔵するアーカイヴ資料を展示するアート・アーカイヴ資料展の第11回目。今回は展示するのは1950年代に活動したタケミヤ画廊で開かれた展覧会の案内状です。

神田小川町にあった竹見屋洋画材店は、戦後に再開するにあたって新しいかたちの店を開きたいと考えて、店の大部分を画廊として提供することになります。こうして誕生したタケミヤ画廊では、阿部展也等の発案で、展示する作家の選考を瀧口修造に託しました。今回のアーカイヴ資料展では、このタケミヤ画廊の案内状に焦点をあて、それを総覧することを目的とした展示を行います。1951年の開廊から1957年の閉廊までに開催された200余りの展覧会を見渡そうとする作業は、その活動期——1950年代を見つめる作業に他なりません。

また、案内状というアイテムに集中して総覧しようとする態度は、我々がアート・センターで実践しているアーカイヴ活動の姿勢を示すものでもあります。コレクション集積とは違うアーカイヴ的な知の在り方としての取り組みを展示を通してご覧いただければ幸いです。

期間中、関連イベントも行いますのでお時間がありましたらば是非足をお運び下さい。


—————————————————–
関連イベント 池田龍雄氏によるトーク「タケミヤ画廊、瀧口修造と1950年代」

【日 時】3月7日(金) 18:00より 入場無料
【会 場】慶應義塾大学アート・スペース
【主 催】慶應義塾大学アート・センター

戦後の前衛芸術家として今日まで多彩な活動をしておられる池田先生をお迎えし、タケミヤ画廊や瀧口修造との思い出、1950年代の美術界などについてお伺いします。

池田龍雄(いけだ・たつお)
1928(昭和3)年、佐賀県伊万里市生まれ。1948年多摩造形芸術専門学校(現・多摩美術大学)に入学。まもなくアヴァンギャルド芸術運動に参加。タケミヤ画廊では1955年に個展を開催。その後多数の個展、展覧会を各地で開催する。

Facebook

    慶應義塾大学アート・センター

    108-8345 東京都港区三田2-15-45
    t. 03-5427-1621 f. 03-5427-1620
    http://www.art-c.keio.ac.jp/
    平日 9:00-17:00

    Keio University Art Center

    2-15-45, Mita, Minato-ku, Tokyo, 108-8345, Japan
    t. +81-(0)3-5427-1621 f. +81-(0)3-5427-1620
    http://www.art-c.keio.ac.jp/
    9:00-17:00 weekdays