KUAC Blog

慶應義塾大学アート・センターのお知らせや、活動のレポートをお届けします


土方巽関連イベントのお知らせ: 「アスベスト館REVIVE」in 大野一雄フェスティバル2012

日時 Date and Time
笠井叡「あんまの方へ」:9月29日(土) 19:30開演
和栗由紀夫、Jocelyne Montpetit、豊竹英大夫、鶴澤清友「病める舞姫」:9月22日(土祝)19:30開演
田辺知美、川口隆夫 病める舞姫をテキストにー2つのソロ:10月6日(土) 18:00開演
集まれ!ダンスアーカイヴ:2012年9月7日(金)~10月7日(日) 11:30~19:00
土方巽研究会 II 「土方巽最後の言葉」:2012年9月27日(木)
場所 Place
笠井叡「あんまの方へ」:BankART Studio NYK 3F
和栗由紀夫、Jocelyne Montpetit、豊竹英大夫、鶴澤清友「病める舞姫」:BankART Studio NYK 1F
田辺知美、川口隆夫 病める舞姫をテキストにー2つのソロ:BankART Studio NYK 3F
集まれ!ダンスアーカイヴ:BankART Studio NYK
対象 Open for
どなたでもご参加いただけます
参加費 Fee
笠井叡「あんまの方へ」:前売 ¥2,500、当日 ¥3,000
和栗由紀夫、Jocelyne Montpetit、豊竹英大夫、鶴澤清友「病める舞姫」:前売 ¥2,500、当日 ¥3,000
田辺知美、川口隆夫 病める舞姫をテキストにー2つのソロ:前売 ¥2,500、当日 ¥3,000
土方巽研究会 II 「土方巽最後の言葉」:無料
お申込方法 Booking
-
お問い合わせ Contact
-
主催など Organiser
-

2012年9月7日から開催される「大野一雄フェスティバル2012」にて、土方巽/アスベスト館関連のイベントとして行われる「アスベスト館REVIVE」をご案内します。
「Dance Experience を読み解く」「病める舞姫を読み解く」の二つのテーマでの、舞踏公演、トークのほか、研究会、展示などを開催し、多彩な切り口から土方巽の舞踏を読み解きます。
〔※ イベントの情報は随時追加していきます〕


==
大野一雄フェスティバル2012 チラシ(2MB, PDF)
http://www.kazuoohnodancestudio.com/japanese/perform/index.html





Dance Experience を読み解く


■ 笠井叡「あんまの方へ」
9月29日(土) 19:30開演 BankART Studio NYK 3F
演出・振付・出演:笠井叡
入場料:前売 ¥2,500、当日 ¥3,000


土方巽がExperienceとAvant-gardeの2本のトーチを掲げて、未だ見えぬ、しかし厳然と存在する舞踏に向けて邁進していた同時代に、笠井叡もまた舞踏へと歩み始めました。笠井叡が舞踏最初期に挑みます。
トーク:巖谷國士(仏文学者)


病める舞姫を読み解く


■ 和栗由紀夫、Jocelyne Montpetit、豊竹英大夫、鶴澤清友「病める舞姫」


9月22日(土祝)19:30開演 BankART Studio NYK 1F
入場料:前売 ¥2,500、当日 ¥3,000


1977年雑誌「新劇」に連載された土方巽の「病める舞姫」は、不可思議な言葉の力によって、ジャンルを超えて多くのアーティストを触発してきました。舞踏、ダンス、義太夫の「病める舞姫」を上演します。


「La Danseuse Malade」
振付・出演 : Jocelyne Montpetit(ジョスリーヌ・モンプティ)
翻訳 : 宇野邦一


「病める舞姫」
振付:和栗由紀夫 出演 : 和栗由紀夫 稲川光 稲川諒


「『病める舞姫』を義太夫でかたる」
作曲・演奏:豊竹英大夫(文楽大夫) 鶴澤清友(文楽三味線) 特別出演:由良部正美(舞踏)


■ 田辺知美、川口隆夫 病める舞姫をテキストにー2つのソロ


10月6日(土) 18:00開演 BankART Studio NYK 3F
振付・出演:田辺知美 川口隆夫
入場料:前売 ¥2,500、当日 ¥3,000


舞踏の創始者、土方巽著『病める舞姫』のひとたび踏み込めば迷宮のようなテキストの、<畳>という言葉をキーワードにいくつかの文章にフォーカスし、畳一畳をめぐって踊ります。(2012年5月Whenever Wherever Festivalにて初演)


展示


■ 集まれ!ダンスアーカイヴ
2012年9月7日(金)~10月7日(日) 11:30~19:00 BankART Studio NYK


放っておいたらゴミにされてしまうもの、メディアが古くて見られなくなってしまうビデオ、いろいろな所に眠っている貴重なダンス資料を集めて、公開します。作品展示:土方巽アーカイヴ
展示:大野一雄、土方巽、石井漠、崔承喜、高井富子、矢野英征、池宮信夫、石井みどり、横浜ダンスコレクション、ピナ・バウシュ写真、ビデオ・インフォメーション・センターコレクションなど


公開研究会


■ 土方巽研究会 II 「土方巽最後の言葉」
参加:正朔、石出卓也 ほか
2012年9月27日(木) 参加費:無料


土方巽が、晩年の3 年間、アスベスト館で行った講習会で伝えようとしたことは、何であったのか。
舞踏譜の舞踏を経て、土方巽が最後に目指した舞踏とは。新資料をもって、最後の講習生たちとともに討議します。

Facebook

    慶應義塾大学アート・センター

    108-8345 東京都港区三田2-15-45
    t. 03-5427-1621 f. 03-5427-1620
    http://www.art-c.keio.ac.jp/
    平日 9:00-17:00

    Keio University Art Center

    2-15-45, Mita, Minato-ku, Tokyo, 108-8345, Japan
    t. +81-(0)3-5427-1621 f. +81-(0)3-5427-1620
    http://www.art-c.keio.ac.jp/
    9:00-17:00 weekdays