KUAC Blog

慶應義塾大学アート・センターのお知らせや、活動のレポートをお届けします


センチュリー文化財団寄託品展覧会 和歌のキャンバス—懐紙にしたためられた歌

日時 Date and Time
第一会場:2013年11月6日(木)〜11月28日(木)
     休館日:日・祝日・11月21、22日
第二会場:2013年10月29日(火)〜11月19日(火)
     休館日:土・日・祝日
場所 Place
第一会場:慶應義塾図書館 展示室
第二会場:慶應義塾大学アート・スペース
対象 Open for
どなたでもご覧頂けます
参加費 Fee
無料
お申込方法 Booking
事前申し込み不要
お問い合わせ Contact
慶應義塾大学附属研究所斯道文庫
03-5427-1582 http://www.sido.keio.ac.jp/
主催など Organiser
慶應義塾大学附属研究所斯道文庫
慶應義塾大学アート・センター
慶應義塾図書館

本日からアート・スペースで「センチュリー文化財団寄託品展覧会 和歌のキャンバス—懐紙にしたためられた歌」がスタートしました!
慶應義塾に寄託され斯道文庫が保管しているセンチュリー文化財団所蔵品を展示するシリーズの第3弾となる今回は、歌会で披露する和歌をしたためた紙、「和歌懐紙」にスポットを当てています。
和歌懐紙は基本的に歌人の自筆であること、丁寧に清書されていることなどが尊重されて、鎌倉時代以降の多くの懐紙が大事に保存され、伝えられてきました。

この展覧会は慶應義塾図書館展示室と、アート・スペースの二会場で時期をずらして開催されています。
第二会場となるアート・スペースでは、室町から江戸時代にかけて、歌道の名門として知られる冷泉家・飛鳥井家両家の歴代の和歌懐紙を中心に展示しています。
ライバルでもあった両家の懐紙を見比べながら、流派の違いが生み出す様々な変化を、じっくりと鑑賞しつつ楽しんで頂ければ幸いです。

また、11月15日(金)には関連催事として講演会が行われます。
申込不要、参加費無料ですので皆様お誘い合わせの上ぜひご参加ください。

関連催事「第26回斯道文庫講演会 懐紙——書式の変遷と書流」

日にち:平成25年11月15日(金)
講演者:センチュリーミュージアム館長 神崎 充晴 氏
時 間:14時45分 ~16時15分
会 場:慶應義塾大学三田キャンパス 北館ホール
申込み:事前申し込み不要
参加費:入場無料

http://www.art-c.keio.ac.jp/event/log/358.html

Facebook

    慶應義塾大学アート・センター

    108-8345 東京都港区三田2-15-45
    t. 03-5427-1621 f. 03-5427-1620
    http://www.art-c.keio.ac.jp/
    平日 9:00-17:00

    Keio University Art Center

    2-15-45, Mita, Minato-ku, Tokyo, 108-8345, Japan
    t. +81-(0)3-5427-1621 f. +81-(0)3-5427-1620
    http://www.art-c.keio.ac.jp/
    9:00-17:00 weekdays