KUAC Blog

慶應義塾大学アート・センターのお知らせや、活動のレポートをお届けします


[公開研究会]拡張するジャズ:講義編 Autumn 2014

日時 Date and Time
9月30日(火)、10月21日(火) 19:00より90分
場所 Place
慶應義塾大学三田キャンパス
※ 教室は、お申し込み後にお知らせしています
対象 Open for
どなたでもご参加いただけます
参加費 Fee
一般:2,000円/学生:無料
※ 各回につき、上記の費用が必要となります。お支払いは、当日承ります
お申込方法 Booking
メールフォームもしくはファックス(03-5427-1620)でお申し込みください。

ファックスの場合、下記項目を記入の上お申し込みください。
1. お名前/ 2. メールアドレス/ 3. 電話番号/ 4. 区分(一般、学生)/ 5. ご所属/ 6. 参加を希望される回
お問い合わせ Contact
慶應義塾大学アート・センター 担当:本間
108-8345 東京都港区三田2-15-45 TEL. 03-5427-1621

homma [atmark] art-c.keio.ac.jp
主催など Organiser
油井正一アーカイヴ

日本ジャズ評論の大家であった油井正一の遺稿と資料を集成した”油井正一アーカイヴ”。その場を基盤として、つねに拡張するジャズの歴史/最先端を紐解く、画期的研究会!
秋期講義には、ゲスト講師として大野雄二氏をお招きします。奮ってご参加ください!


日程/テーマと講師

9月30日(火) 19:00〜 「なぜ、再びジャズ・ピアノを弾いているのか」 講師:大野雄二氏、聞き手:中川ヨウ
10月21日(火) 「バド・パウエルとセロニアス・モンク」 講師:中川ヨウ
※ 講義の概要は追って掲載いたします

講師

大野雄二
静岡県熱海市出身。小学校でピアノを始め、慶應義塾高等学校時代に独学でジャズを学ぶ。慶應義塾大学在学中はライト・ミュージック・ソサエティに在籍、ピアニストとして活躍。プロとしての活動は、藤家虹二クインテットでスタートし、その後、白木秀雄クインテットを経て、自らのトリオを結成。解散後は、作曲家として膨大な数のCM音楽制作のほか、「犬神家の一族」「人間の証明」などの映画音楽、テレビ音楽を手がけ、数多くの名曲を生み出している。ユニークなメロディと、壮大なスケールをもつ独自の大野サウンドは、日本のフュージョンの先駆けともなった。大野の代表作「ルパン三世」「大追跡」のサウンド・トラックは、70年代後半に大きな話題を巻き起こし、今も多くのリスナーに愛されている。近年は毎年放映されている「ルパン三世テレビスペシャル」、現在放送中のNHKテレビ「小さな旅」での作曲活動のほか、再びジャズ・ピアニストとして活動を再開。全国のホールから都内のジャズ・クラブまで、積極的にライブ活動を行ない、毎回多くの聴衆がつめかけている。

講師・モデレーター

中川 ヨウ
音楽評論家。ジャズを核に、ポピュラー・ミュージック全般、ワールド・ミュージックとジャンルにとらわれない執筆活動を展開。21世紀の音楽の行方を語れる評論家として、高く評価されている。連載として、毎日新聞「らっこ」、新潮社「ENGINE」、「婦人公論」、「オーディオ アクセサリー」などがある。近著に、「ジャズに生きた女たち」(平凡社新書)がある。近年は、音楽評論の域を超え、音楽教育でも活躍しており、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任准教授、洗足学園音楽大学ジャズ・コース客員教授をつとめている。

お申し込み

フィールドが見つかりません。

Facebook

    慶應義塾大学アート・センター

    108-8345 東京都港区三田2-15-45
    t. 03-5427-1621 f. 03-5427-1620
    http://www.art-c.keio.ac.jp/
    平日 9:00-17:00

    Keio University Art Center

    2-15-45, Mita, Minato-ku, Tokyo, 108-8345, Japan
    t. +81-(0)3-5427-1621 f. +81-(0)3-5427-1620
    http://www.art-c.keio.ac.jp/
    9:00-17:00 weekdays