KUAC Blog

慶應義塾大学アート・センターのお知らせや、活動のレポートをお届けします





ヴォルフガング・ワーグナー氏逝去一周年記念シンポジウム「アート・マネージメントの系譜学」(アーカイヴの思想研究会共催)

アート・センターの研究会、「アーカイヴの思想研究会」共催のシンポジウムが3月21日(月・祝)に三田キャンパスで開催されます。 Ustreamによる中継もありますので、ご関心のあるかたはぜひご覧下さい。



ロシア舞踏公演-「舞踏-大いなる魂」| Butoh Performance in Russia “Butoh — The Great Spirit”

国際交流基金がモスクワとサンクトペテルブルグで開催する「舞踏-大いなる魂」に、土方巽アーカイヴの森下隆が参加します。 映像上映、レクチャー、公演に加えて、土方アーカイヴの資料を展示する展覧会が予定されています。 公演日程… Read more »



[詩と舞踏のセッション/21世紀のultrasmart]閃光のスフィア—レクイエム Sphere, Flashing Souls: REQUIEM

詩と舞踏はずっと強い絆で結ばれていた 吉増剛造と笠井叡、1960年代から、現代詩と舞踏のそれぞれで活躍し、多くの熱狂的なファンをもつ二人が、2010年に至って初めて同じ舞台に立つことになる。舞踏ファンにとっても、現代詩の… Read more »


アート・ドキュメンテーション学会 2010年度年次大会 アート・アーカイヴ—多面体 その現状と未来

 美術のみならず芸術にかかわる研究においては、完成作品を調査し、刊行された文献を参照することに加えて、その創造過程に横たわる多様な資料に分け入る作業を欠かすことはできない。それゆえ、芸術を研究する者にとっては、美術館、図… Read more »


土方巽 舞踏 大解剖 V 細江英公 写真と舞踏を語る | EIKOH HOSOE Talk Session: Photographs and Hijikata’s Butoh

5月末に、土方巽アーカイヴが協力する催事が、日吉キャンパスで開催されます。 細江英公さんをお招きして、写真と舞踏についてレクチャーをしていただくほか、写真、映像の上映を予定しています。 ご関心のあるかたは、是非ご参加くだ… Read more »


Facebook

    慶應義塾大学アート・センター

    108-8345 東京都港区三田2-15-45
    t. 03-5427-1621 f. 03-5427-1620
    http://www.art-c.keio.ac.jp/
    平日 9:00-17:00

    Keio University Art Center

    2-15-45, Mita, Minato-ku, Tokyo, 108-8345, Japan
    t. +81-(0)3-5427-1621 f. +81-(0)3-5427-1620
    http://www.art-c.keio.ac.jp/
    9:00-17:00 weekdays