KUAC Blog

慶應義塾大学アート・センターのお知らせや、活動のレポートをお届けします


没後28年 土方巽を語ることIV

日時 Date and Time
2014年1月21日(火) 17:00-21:00
※ ゲスト講話は19:00-20:00頃を予定
場所 Place
慶應義塾大学三田キャンパス 東館5階会議室
対象 Open for
どなたでもご参加いただけます
参加費 Fee
入場自由、参加無料
お申込方法 Booking
-
お問い合わせ Contact
慶應義塾大学アート・センター[担当:森下]
108-8345 東京都港区三田2-15-45
03-5427-1621  ac-butoh@adst.keio.ac.jp
主催など Organiser
【主催】慶應義塾大学アート・センター、ポートフォリオBUTOH
【企画】慶應義塾大学アート・センター土方巽アーカイヴ
【協力】NPO法人舞踏創造資源

没後28年 土方巽を語ることIV

【ゲスト】萩原 朔美(19:00-20:00頃)
http://www.art-c.keio.ac.jp/news-events/event-archive/talking-together-about-hijikata-tatsumi-4/

下記アドレスにて参加メッセージを募集しております。貴重なご意見・ご感想をお寄せ
いただければ幸いです。
http://www.facebook.com/keio.artcenter


「没後28年土方巽を語ることⅣ」を開催します。
例年どおり、土方巽を知る人も知らない人も、命日に集い、土方巽を偲び、土方巽を語ります。
夕方5時から夜9時まで長い時間を用意しています。ご都合のつく時間にお運びいただき、皆さまとともに時間を過ごしたいと願っています。

今年は、ゲストに萩原朔美さんをお招きします。映像作家としての萩原朔美さん、劇団天井桟敷の演出家としての萩原朔美さんを知る人は多いと思いますが、実は土方巽とも出会っています。
土方巽の舞踏と多彩な活動が、多くの人に認め始められた頃、1970年前後に貴重な時間を共有されています。萩原さんならではのお話をうかがうことができればと思います。

昨年は、土方巽が殊の外、お世話になった方々が幽冥、境を異にされています。飯島耕一さんしかり、堤清二さんしかりです。土方巽をシュルレアリストとして高く評価された飯島さん、土方巽の唯一のパトロンといっていい堤さん。土方巽にとって、かけがえのない方々でした。萩原さんのお話もここにつながることでしょう。

そして、新しい年を迎えて訃報が入りました。土方巽を舞踏へと導びかれた作曲家の今井重幸さんもが天国に召されました。今井さんは昨年の「土方巽を語ることⅢ」にも、すでにガンに冒され闘病中にもかかわらず、病をおしてお運びいただきました。「病める舞姫」を秋田弁で朗読することも喜ばれ、作曲をというお願いも快く受けていただいていました。今年もいらしていただけると信じていたのですが残念です。

さて、昨年夏には、生地秋田で「土方巽記念秋田舞踏会」を開催しました。その芽が開き、秋田では有志が集まり、その後も活動が継続しています。

台湾でも、舞踏とともに土方巽があたたかく迎えられました。若い人の間で舞踏の木々が新たに育ち始めています。

また。昨年末には「海外女流ダンサー・ウイーク東京」を開催しました。十数名の外国人ダンサーとアーティストに参加していただき、国際交流を図るとともに、世界における舞踏の現在を確認しました。

コントロールできない舞踏のグローバル化とともに、土方巽に還ることの意義をあらためて強くかみしめています。

(文:森下)

Facebook

    慶應義塾大学アート・センター

    108-8345 東京都港区三田2-15-45
    t. 03-5427-1621 f. 03-5427-1620
    http://www.art-c.keio.ac.jp/
    平日 9:00-17:00

    Keio University Art Center

    2-15-45, Mita, Minato-ku, Tokyo, 108-8345, Japan
    t. +81-(0)3-5427-1621 f. +81-(0)3-5427-1620
    http://www.art-c.keio.ac.jp/
    9:00-17:00 weekdays