KUAC Blog

慶應義塾大学アート・センターのお知らせや、活動のレポートをお届けします


港区アート・マネジメント講座 2010 リサーチ・ワークショップ(アーカイヴ系A・B)参加者募集中!【終了しました】

港区+慶應義塾大学アート・センター アート・マネージメント講座2010 リサーチ・ワークショップ(アーカイヴ系A・B)の参加者を募集しています!


港区とアート・センターが実施するアート・マネージメント講座は、今年度から新たにアーカイヴ系ワークショップを開講します。
アーカイヴは歴史や文化、芸術などにかかわる資料を集め保管し公開する施設です。
ワークショップでは、アート・センターおよび港区内のアーカイヴの調査やフィールド・ワークを通して、資料や歴史を再発見し、港区の文化資源について理解を深めます。最後に活動の成果を展示で発表します。


ワークショップは、アーカイヴ系A、アーカイヴ系B、二系統あります。






アーカイヴ系A:「芸術表現と生活」をテーマにフィールド・ワークをします


(1) アーカイヴ、資料館等を利用し、三田~麻布(古川周辺)について各自調査を進めます。
(2) 三田~麻布(古川周辺)の神社、寺院、廃業となった銭湯(小山湯)など、現存する歴史ある施設・建物を訪れ、地元の方のお話を聞きます。また、進行する再開発と地域コミュニティの変容について考え、芸術活動の可能性を討議します。
(3) 各自が調査した施設・建物を活用して、芸術にかかわるプロジェクトを企画します。
(4) 考案したプロジェクトを展示で発表します。


アーカイヴ系B:芸術にかかわるアーカイヴの現場を体験します


(1) 慶應義塾大学アート・センターのアーカイヴや、港区の重要な芸術活動に関するアーカイヴ(草月アートセンターなど)の資料を活用しながら、アーカイヴとは何かを探ります。
(2) アーカイヴの資料を検証し、「資料」「作品」「残されたもの」、そして「分類」について考えます。
(3) 資料の検証にもとづいて、関心のある課題を設定。課題に取り組むとともに、発表に向けた準備を行います。
(4) 各自のテーマを展示で発表します。


対象


港区内に在住・在勤・在学の方
2009年度までにワークショップを受講された方も申し込みが可能です。


参加方法


お申込みは、申込用紙に必要事項を記入の上、6月25日(金・必着)までにファックス:03-5427-1620で、慶應義塾大学アート・センターへお申込みください。
申込用紙、および関連資料(ケース教材:事例をもとにして作成した当講座オリジナルの冊子)は港区地域振興課文化協働推進係(区役所3階)でお受け取りいただけます。郵送はいたしません。
港区地域振興課文化協働推進係(〒105-8511 東京都港区芝公園1-5-25 アクセス・マップ Tel: 03-3578-2111 内線2343)


受講料:各クラス3000円


募集要項についてくわしくは、こちらをご参照ください。


ご参加お待ちしています!

Facebook

    慶應義塾大学アート・センター

    108-8345 東京都港区三田2-15-45
    t. 03-5427-1621 f. 03-5427-1620
    http://www.art-c.keio.ac.jp/
    平日 9:00-17:00

    Keio University Art Center

    2-15-45, Mita, Minato-ku, Tokyo, 108-8345, Japan
    t. +81-(0)3-5427-1621 f. +81-(0)3-5427-1620
    http://www.art-c.keio.ac.jp/
    9:00-17:00 weekdays