KUAC Blog

慶應義塾大学アート・センターのお知らせや、活動のレポートをお届けします


【催事報告】シンポジウム「Art Archives-three:アーカイヴ再考――資料体とインターフェイス」

シンポジウム「Art Archives-three:アーカイヴ再考――資料体とインターフェイス」

日時:2013年3月23日(土)
場所:慶應義塾大学三田キャンパス東館 8Fホール
http://art-archives.org/2013/01/22/art-archive-three/

2010年から開催してきたアート・アーカイヴに関わる3回連続シンポジウムの最終回。
これまでより広い範囲での議論の展開を目指し、2つのセッションを実施。「日々の営みの中で」(泉澤茂男:トップアート鎌倉+矢野進:世田谷美術館)、「アーカイヴの時間――非物質化と残存」(森洋久:国際日本文化研究センター文化資料研究企画室+上崎千:慶應義塾大学アート・センター)というテーマで各々が取り組む仕事や研究とアーカイヴの接点を探りつつ、興味深い展開をみました。
続くディスカッションでは、会場からの質問も含め、アーカイヴに関する熱心な討議が行われました。また、今回は新たな試みとして茶話会を開き、パネリストと参加者のコミュニケーションの場を提供しました。
このシンポジウムについては記録集を発行の予定です。

Facebook

    慶應義塾大学アート・センター

    108-8345 東京都港区三田2-15-45
    t. 03-5427-1621 f. 03-5427-1620
    http://www.art-c.keio.ac.jp/
    平日 9:00-17:00

    Keio University Art Center

    2-15-45, Mita, Minato-ku, Tokyo, 108-8345, Japan
    t. +81-(0)3-5427-1621 f. +81-(0)3-5427-1620
    http://www.art-c.keio.ac.jp/
    9:00-17:00 weekdays