KUAC Blog

慶應義塾大学アート・センターのお知らせや、活動のレポートをお届けします


【展覧会報告】「同時代の眼 III 日は昇り、日は沈む――ブルース・ マクレーン, 1985–90」

アート・スペース展覧会「同時代の眼 III 日は昇り、日は沈む――ブルース・マクレーン, 1985–90」

【会 期】2013年4月22日(月)〜6月28日(金) 
【場 所】慶應義塾大学アート・スペース
http://www.art-c.keio.ac.jp/event/log/355.html

我々と同じ時代を生きる現代の作家たちが提示する世界観や表現を紹介する「同時代の眼」シリーズの第3弾。今回はスコットランド出身の彫刻家ブルース・マクレーンBruce McLean(1944- )のご紹介です。ブルース・マクレーンの作品は彫刻だけに限らず、絵画や写真、パフォーマンスなど多岐に及びます。本展出品作品も、彫刻、版画(モノタイプ)、アーティスト・ブックと、彼の多様な表現をご覧頂けるものになりました。

6月21日(金)には、ブルース・マクレーンを日本に紹介し、その個展を何度も開催してきた画廊かんらん舎の大谷芳久氏を迎え、展示室でトークをして頂きました。当日は雨が降る中、思いのほか多くの方にご参加いただきました。
トークでは、ブルースの多種多様な作品の中心には常に主流への反発が存在しているという制作についてのお話や、ブルースのユーモアたっぷりの人間性などを語っていただきました。トークの後には、展示されていないアーティスト・ブックを実際に手に取ってご鑑賞していただける時間を設けました。参加された方は大谷氏の軽妙なトークと、ブルースの作品に接し、皆一様に満足されたご様子でした。

今回の展覧会は、関連催事を含め、まだ日本ではあまりなじみのないこの作家をご紹介する貴重な機会となりました。今後もこのような機会をより多くご提供できるよう活動していきたいと考えております。

(文:高城)

Facebook

    慶應義塾大学アート・センター

    108-8345 東京都港区三田2-15-45
    t. 03-5427-1621 f. 03-5427-1620
    http://www.art-c.keio.ac.jp/
    平日 9:00-17:00

    Keio University Art Center

    2-15-45, Mita, Minato-ku, Tokyo, 108-8345, Japan
    t. +81-(0)3-5427-1621 f. +81-(0)3-5427-1620
    http://www.art-c.keio.ac.jp/
    9:00-17:00 weekdays