KUAC Blog

慶應義塾大学アート・センターのお知らせや、活動のレポートをお届けします


【展覧会報告】センチュリー文化財団寄託品展覧会「書と生きる ――江戸人の文雅愛好」

【会  期】2014年11月5日(水)-11月28日(金)

http://www.art-c.keio.ac.jp/news-events/event-archive/century-exhibition-2014/

 

本展は、慶應義塾に寄託され斯道文庫が保管しているセンチュリー文化財団所蔵品を展示する機会として企画されました。

第一会場の図書館では、「書とひと」のテーマのもと、文人による書が展示され、書に表れた文人の人となりに触れる空間となりました。第二会場のアート・スペースでは、江戸時代の日本における書を楽しむ文化が、「書を掛けるとき」「書を学ぶ」「古筆へのあこがれ」「木版法帖の世界」「売買される書」というテーマで紹介されました。

正月1日から師走晦日まで諸名家の名前が命日順に記されている小型の本「古筆了意撰 古筆了伴・榊原偽謙校 おもいよる日」は、床の間に掛けられた書画に客人が気づくための助けとして、また客を迎える主人が日々何の書画を掛けるかを選択する助けとして用いられたそうです。江戸の人々にとって日常的に親しまれていた書。本展示を通して、書を身近に感じていただくこととなりましたら嬉しく存じます。 (文・山口)

Facebook

    慶應義塾大学アート・センター

    108-8345 東京都港区三田2-15-45
    t. 03-5427-1621 f. 03-5427-1620
    http://www.art-c.keio.ac.jp/
    平日 9:00-17:00

    Keio University Art Center

    2-15-45, Mita, Minato-ku, Tokyo, 108-8345, Japan
    t. +81-(0)3-5427-1621 f. +81-(0)3-5427-1620
    http://www.art-c.keio.ac.jp/
    9:00-17:00 weekdays