KUAC Blog

慶應義塾大学アート・センターのお知らせや、活動のレポートをお届けします


【展覧会報告】「ノグチ・ルーム再び」展

◇ アート・アーカイヴ資料展XII「ノグチ・ルーム再び」展報告

【会 期】2015年3月2日(月)-4月17日(金) 【会場】慶應義塾大学アート・スペース

http://www.art-c.keio.ac.jp/news-events/event-archive/noguchi-room-revisited/

慶應義塾大学アート・センターが所管する資料をご紹介するアート・アーカイヴ資料展の12回目。今回は谷口吉郎とイサム・ノグチのコラボレーションにより誕生した建築空間「ノグチ・ルーム」の成立時に焦点を当てました。 アート・スペースではノグチ・ルームおよび第二研究室の図面を中心に、谷口吉郎が設計した校舎の図面や1950年代から1960年代のキャンパスの写真、当時の卒業アルバム等を展示。当時のキャンパスの様子を伝える資料を展示することで、建築そのものだけでなく建築が使われていた様子を振り返る機会となりました。また会期中毎週水曜日にはノグチ・ルームの特別公開を行いました。多くの方が旧萬来舎に足を運んでくださり、熱心にご観察いただくご様子が見受けられました。当時のノグチ・ルームをご存知の方も多く、谷口設計の螺旋階段の下で待ち合わせをした、先生とお茶会をした、など沢山の思い出がアンケートに記されました。さらに本展関連行事として大学生を対象としたワークショップや慶應義塾の建築見学ツアーを実施。本展を通してノグチ・ルームと学内の建築を振り返り活用する機会となりました。(文・山口)

☆本展覧会にご来場いただいた方々のご感想の一部をご紹介致します。

  • 「当時の大学全体の棟の配置などが、現在とは異なっているところも多々ありつつその面影を残していることに感動した」
  • 「過去の図面をこのように公開して頂くことは大変貴重と思います。歴史が伝承されてゆくきっかけになります。手書き図面は特に人柄すら感じさせるもので、心が動かされました。」

Facebook

    慶應義塾大学アート・センター

    108-8345 東京都港区三田2-15-45
    t. 03-5427-1621 f. 03-5427-1620
    http://www.art-c.keio.ac.jp/
    平日 9:00-17:00

    Keio University Art Center

    2-15-45, Mita, Minato-ku, Tokyo, 108-8345, Japan
    t. +81-(0)3-5427-1621 f. +81-(0)3-5427-1620
    http://www.art-c.keio.ac.jp/
    9:00-17:00 weekdays