KUAC Blog

慶應義塾大学アート・センターのお知らせや、活動のレポートをお届けします


【催事報告】慶應義塾の建築プロジェクト シンポジウム「慶應義塾三田キャンパス 1951:ノグチ・ルームの誕生をめぐって」

◇ 慶應義塾の建築プロジェクト シンポジウム「慶應義塾三田キャンパス 1951:ノグチ・ルームの誕生をめぐって」

【日 時】11月28日(土)13:30 – 16:00

【場 所】慶應義塾大学三田キャンパス 南校舎7F 475教室

【H P】http://www.art-c.keio.ac.jp/news-events/event-archive/mita-1951-symposium/

 

今回のシンポジウムはノグチ・ルームを中心に据えながら、様々な専門領域の登壇者が集う機会となりました。越前氏はノグチ・ルームに関わった専門の建築史の立場から、戦前からの谷口建築を分析し、三田キャンパスの建築群の特徴やノグチ・ルームの在った第二研究室の他の建築といての紹介を行いました。続いて、石川氏はDMC研究センターで開発しているデータ・ベースMosaicについて紹介しつつ、建築プロジェクトやノグチ・ルームというアイテムにおける可能性について言及されました。
熱心な参加者が多く、各登壇者のレクチャーの後、フロアーからの質問に答えつつディスカッションを展開しました。
ノグチ・ルームという一つの建築空間を核にしながら、美術史研究、建築研究、データ・ベース開発という異なる立場の専門家が連携して議論する貴重な機会となりました。  (文・渡部)

Facebook

    慶應義塾大学アート・センター

    108-8345 東京都港区三田2-15-45
    t. 03-5427-1621 f. 03-5427-1620
    http://www.art-c.keio.ac.jp/
    平日 9:00-17:00

    Keio University Art Center

    2-15-45, Mita, Minato-ku, Tokyo, 108-8345, Japan
    t. +81-(0)3-5427-1621 f. +81-(0)3-5427-1620
    http://www.art-c.keio.ac.jp/
    9:00-17:00 weekdays