KUAC Blog

慶應義塾大学アート・センターのお知らせや、活動のレポートをお届けします


アーカイヴ利用者の声(2017年3月)

アーカイヴにお越しくださった方々から、ご感想やご意見をいただき、ご紹介しています。 3月はのべ22名の方々がアーカイヴを利用されました。 今回は菊川亜騎さんのご感想をご紹介いたします。




この度は、博論執筆のため研究対象である彫刻家・堀内正和と交流のあった西脇順三郎と瀧口修造アーカイヴの資料調査をさせていただきました。アーキビストの皆様には、利用のご相談から資料の特定にいたるまで丁寧なご対応をいただき、心よりお礼申し上げます。
美術史研究では等閑視されがちですが、外国語の翻訳や執筆を数多く手がけた堀内のような作家においては、文学者との交流も作品理解に欠かせない要素となっています。今回は資料を拝見するとともに、所蔵されている各アーカイヴの分類方法とデータベースの仕組みについてもお話を伺いしました。ジャンルの異なるアーカイヴを併設する慶應義塾大学アート・センターは、戦後美術の横断的研究においても非常に利用しやすく、今後の研究の可能性を拡げる重要なご活動だと感じた次第です。
外部の者にも、広く門戸を開放してくださったことに感謝いたします。誠にありがとうございました。


大阪大学大学院文学研究科文化表現論専攻美術史学  博士後期課程在籍
京都造形芸術大学 非常勤講師
菊川亜騎

Facebook

    慶應義塾大学アート・センター

    108-8345 東京都港区三田2-15-45
    t. 03-5427-1621 f. 03-5427-1620
    http://www.art-c.keio.ac.jp/
    平日 9:00-17:00

    Keio University Art Center

    2-15-45, Mita, Minato-ku, Tokyo, 108-8345, Japan
    t. +81-(0)3-5427-1621 f. +81-(0)3-5427-1620
    http://www.art-c.keio.ac.jp/
    9:00-17:00 weekdays