KUAC Blog

慶應義塾大学アート・センターのお知らせや、活動のレポートをお届けします


アーカイヴ利用者の声(2017年4月)

アーカイヴにお越しくださった方々から、ご感想やご意見をいただき、ご紹介しています。 4月はのべ11名の方々がアーカイヴを利用されました。 今回は半田侑子さんのご感想をご紹介いたします。




慶應義塾大学アート・センターのアーカイヴを利用して

巖谷國士先生と、土方巽から何度か個人レッスンを受けたことのある美術家の大月雄二郎氏と、アーカイヴを見学させていただきました。土方巽の公演衣装や装置などはもちろん、公演の際に配られた砂糖菓子に至るまで、細やかに保存してあることに驚愕しました。また土方のスクラップ・ブックや舞踏譜からは、土方が自分の舞踏を作り上げる際に、言語のかわりに絵画によるイメージを用い、詩的な言葉を補って、まったく新しい舞踏を緻密に構築していった様子がわかりました。アーカイヴの資料はまた、当時をよく知る巖谷先生、大月氏、アート・センターの森下氏の間に交わされる会話によって、その意味がますます膨らみました。アート・センターがひらかれた場所であり、所蔵された資料が丁寧に保管され、閲覧されることによって新たに現代に甦ることができるということ、それが資料の保存・公開にとって重要な意味を持つということを再認識いたしました。

立命館大学加藤周一文庫
半田侑子

Facebook

    慶應義塾大学アート・センター

    108-8345 東京都港区三田2-15-45
    t. 03-5427-1621 f. 03-5427-1620
    http://www.art-c.keio.ac.jp/
    平日 9:00-17:00

    Keio University Art Center

    2-15-45, Mita, Minato-ku, Tokyo, 108-8345, Japan
    t. +81-(0)3-5427-1621 f. +81-(0)3-5427-1620
    http://www.art-c.keio.ac.jp/
    9:00-17:00 weekdays